Linux Mint 17.2 LTS版(2015.06.30)がリリースされました。

Linux Mint 17 のマイナーチェンジです。

Linux Mint の情報

Linux_Mint_Logo_oficial

 MainPage - Linux Mint 英語    LinuxMint Japan 日本語
 The Linux Mint Blog(情報) 英語  Linux Mint Japanブログ(情報) 日本語
 Linux Mint-Wiki List of Releases-Wiki 英語 Linux Mint - Wiki  日本語

Linux Mint の最初のリリースは、2006年8月です。
Mint は、Ubuntuから派生したOSで、Ubuntuをベースにしていますので、基本的なところは似ています。
Mint は、Ubuntuのバージョンの1〜2ヶ月くらい後でリリースされています。
Mint のアプリケーションは、Ubuntuのリポジトリ(保管場所repository)を利用しています。
LTS版(長期サポート版)は2年毎にでます。5年間サポートされます。
それ以外のバージョンは半年ごとにリリースされます。
 
Linux Mint のシェア Linux Mint はデスクトップで一番のシェアになっています。参考 DistroWatch.com 
Share of Linux Distribution 2015-07

Linux Mint のバージョン

Linux_Mint_Logo_s
バージョン コードネーム Cinnamon リリース サポート  
13 Maya 1.2 2012/05 2017/04 LTS
14 Nadia 1.6 2012/11 2014/04  
15 Olivia 1.8 2013/05 2014/01  
16 Petra 2.0 2013/11/30 2014/07  
17 Qiana
2.2  2014/05/31
2019/04
LTS
17-v2 Qiana
2.2  2014/06/29
2019/04
LTS
17.1 Rebecca
2.4  2014/11/29
2019/04
LTS
17.2 Rafaela
2.6  2015/06/30
2019/04
LTS
17.3 Rosa
2.8  2015/12/04
2019/04
LTS
18 Sarah
  2016/06?
2021/04
LTS

Linux Mint 17 のカーネル

Linux Mint 17 (2014年5月30日)のカーネルを、Hardinfo(アプリ)で調べてみました。
カーネルは、3.13(2014年1月)となっていました。最新のカーネルをすぐに取り入れていました。カーネルの変遷についてはLinux kernelを参照してください。

Linux Mint Cinnamonの情報

cover_cinnamon
 
Linux Mint 18 codenamed “Sarah” 
New features in Linux Mint 17.3 Cinnamon 新しくなった所 英語
Release Notes for Linux Mint 17.3 Cinnamon 仕様 英語
Linux Mint 17.3 “Rosa” Cinnamon released! 
Linux Mint 17.2 “Rafaela” Cinnamon released! 
「Linux Mint 17.1」が登場 SourceForge.JP Magazine 
Linux Mint 17.1 “Rebecca” Cinnamon released! 
Linux Mint 17 Qiana “v2″ がリリースされました 2014.06.30
Linux Mint  Qiana “v2″ ISO respins ISO修正版 v2   英語
Newfeatures in Linux Mint 17 Cinnamon 新しくなったところ 英語
Release Notesfor Linux Mint 17 Cinnamon 仕様 英語
LinuxMint 17 “Qiana” Cinnamon 版がリリースされました! 2014.05.30 日本語
LinuxMint 17 “Qiana” Cinnamon released! 2014.05.30 英語
Linux Mint 16 “Petra” Cinnamon released! 

オフィシャル・ユーザー・ガイド
User Guides Linux Mint 17.2 Cinnamon English 
Linux Mint ユーザーズガイド Cinnamon エディション 古いバージョン 日本語 

Linux Mint Cinnamonエディションは、Linux Mint 13(2012年5月)から登場しました。

Linux MATEエディションも同時に登場しました。

Cinnamon とは

Linux Cinnamon に使われているデスクトップの環境(レイアウト)です。

Cinnamon-desktop-environment

Cinnamon の 開発は、Linux Mint team が行っています。

Cinnamonの最初のリリースバージョンは 1.4(2012年)です。
Cinnamonは、2013年秋のCinnamon2.0 から GNOMEを使わない独立したデスクトップ環境になっています。
Linux Mint 17 Cinnamon に使われている Cinnamonのバージョンは 2.2です。

Cinnamon(software) - Wikipedia 英語
Cinnamon(日本語) - ArchWiki  

Linux Mintのディレクトリ構造

Linux Mint 17 Cinnamon 64bit の例で示します。

Linux Mint では、ディレクトリはフォルダといいます。(ディレクトリ=フォルダです。)

「ファイルシステム」(ルートの下)は次のようになっていました。
Linux_Mint_Directory_Structure

各フォルダの使い分け:各フォルダに入るもの

ネットを参考にして調べて見ました。

/ ルートディレクトリ:一番元のフォルダーです。全てのものがこのフォルダの下に入ります。
   Mintでは「ファイルシステム」という名前になっています。
/bin Linuxコマンド:一般的なもの。 ls などのLinuxコマンドが 150個くらいあります。
/boot Linuxの起動に必要なファイル
/dev デバイスファイル
/etc Linux の各種設定ファイル passwd(ユーザー名と名前)、hostname(コンピュータ名)
/home/<ユーザー名>/ ユーザーが利用するフォルダや、アプリが使うファイル
/lib システムの起動やコマンドの実行に必要なドライバや共有ライブラリ
/media/<ユーザー名>/ HDD、SSD,USBメモリなどハード的に接続されたドライブの
    マウントポイント(ディレクトリ)が入ります。
    ドライブが接続されるとこの中のディレクトリにマウント接続されてドライブの中身が
    そこにあるかのように表示されます。実際にそこにあるわけではありません。
/mnt ソフトやコマンドで、設定されたマウントポイント。
   例えばドライブ内のフォルダなど。処理が終わると外れます。
/opt  サードパーティー製アプリ comodo など
/proc Linuxのプロセス操作、システム処理の情報
/root 非常時用、普通は見れない
/run 実行中のプログラムの情報
/sbin Linuxコマンド:管理的なもの。swapoff などのLinuxコマンド。270個くらいあります。
/srv ネットのサイトから提供されたデータ
/sys デバイスの情報
/tmp 一時的なファイル
/usr 各種プログラム、プラグイン等
   中に/lib, /bin, /sbin, /src, /shareなどがあります。
   /share には自分でインストールしたアプリのファイルが入っています。
       /applications の中に起動ファイル
       /icons の中のいろいろなフォルダの中にアプリのアイコン画像
       他に、データベース、共有ファイルが入っています。
   /bin には一般のアプリのコマンドや、Linuxコマンドなどが1800個くらい入っています。
       gedit, gnome-termnal, nemo, vlc, free など
   /sbin には管理的なアプリのコマンドが230個くらい入っています。
       synaptic, ufwなど
   /usr フォルダは、アプリの追加とアップデートでどんどん大きくなって
   5GBとかになっていきます。/usr/lib と usr/share が特別大きいです。
/var 作業用、ログ、キャッシュなど
   この中の /cache/apt/archives は .dev ファイルの倉庫になっています。
   インストールしたことのあるアプリの .dev ファイルも入っています。

Windowsと両方使う場合に不便だと思った項目

Linux Mint 17 はWindowsしか使ったことのない人でもかなり使いやすいのですが、将来次のようになると、もっと使いやすくなるかもしれません。

期待度1

  • 使えない文字が Windows と違う問題です。
    Linuxで作られたファイル名がWindowsでエラーになります。
    :\*?"<>|」を使えるモード(Linux式)と
    :\*?"<>|」を使えないモード(Window式)の
    好きな方を選べるといいです。 (実現予想ゼロ)
  • スクリーンショット  Gnome-screenshot のデフォルトのファイル名の時間のところの : がWindowsでエラーになります。 - に変えられるといいです。 (実現予想ゼロ)
    Ubuntu にも同じ質問がありますが簡単な方法はなさそうです。How can i change the default name for the screenshots made by gnome-screenshot? - Ask Ubuntu
  • ファイラー(Nemo)の使いにくい所が改良されるといいです。
    名前順のソートの順は、ABC・・・XYZ abc・・・xyzの順でなくて、KrusaderのようにAaBbCc・・・順に並んだ方が使いやすいです。 (実現予想ゼロ)
    リスト表示の項目のバーの長さが変えにくいです。 (実現予想 50%)
    ○HTMLファイルを移動・コピーする時にWindowsのように、関連フォルダ(_files)も連動して移動・コピーできると便利です。 (実現予想ゼロ)
    ○Firefoxからリンクをファイラー(Nemo)にドロップした場合の「XXXへのリンク」は、実際のファイル名と違うので不便です。コマンドで変えてもNemoの表示は変わりません。 (実現予想ゼロ)
  • ファイルの作成日がでません、「作成日を表示する」/「作成日を表示しない」の設定ができるといいです。ファイルの作成日をどこかに保存するプログラムがあればいいのですが。 (実現予想ゼロ)
  • ファイル検索機能を日時の範囲で検索できるようになると便利です。 (実現予想10%)
  • アプリを開く場合、アプリにウィンドウの位置を覚えている機能が無い場合、何も開いていない場合は、1番目は左上から少し右下にずれた位置に開き ますが、別のアプリが開いていると、左上になってしまいます。これを別のアプリに関係なく左上から少し右下にずれた位置に開くようになると使いやすいです。 (実現予想20%)
  • アプリのウィンドウの上の方がつかみにくいです。特に左側が、再現性が決まっていなくて、つかめる時とつかめない時があります。Linuxのアプリは開く場所を覚えているものが少ないので開くたびにつかんで動かさなければならないのでめんどうです。 (実現予想30%)
  • 名前の変更は、Windowsのようにマウスの長押しで変更できると便利です。 (実現予想10%)
  • 「ディスク」の「マウントオプションの編集」画面の表示を適正にして、自動マウントの不具合がなおるといいです。
    「ユーザーインターフェースを表示する」にチェックをするとつながりません。 (実現予想30%)
  • タスクバーに>>印からフォルダを登録できるといいです。
    Windows(XP,7,8)の場合は、タスクバーを右クリックしてツールバー>新規ツールバー、でフォルダを登録して、そのフォルダにアプリのショートカットや分類別のフォルダを入れておけば、 タスクバーの右または左の >> 印からマウスでたどっていってアプリを開けられて、簡単で便利です。
    自分用のメニューみたいなものです。Mintにも同様の機能が付くと使いやすくなると思います。 (実現予想ゼロ)

期待度2

  • インストール時に10分で画面ロックするので煩わしいです。 (実現性ゼロ)
  • インストール後に10分でパスワードが必要になるので煩わしいです。 (実現性ゼロ)
  • ファイラー(Nemo)のサイドバーでHDDやSSDをアンマウントするときに「ゴミ箱を空にしますか」の表示が出るので煩わしいです。 (実現予想5%)
  • 付属のテキストエディターのGeditに、デフォルトの拡張子(.txtなど)を設定できると便利です。 (実現予想5%)

期待度3

  • 「ソフトウェアの管理」画面を開くときに、KeePassXアプリのようなパスワード自動入力ツールで自動入力できると便利です。
    今でもシャットダウンするまでは「ソフトウェアの管理」画面を開いたままにしておけるし、WineでWindowsソフトをインストールするときは、 パスワード入力は不要なので、自動入力ツールで自動入力できるようにしてもいいかと思います。 (実現予想ゼロ)
  • アップデートを自動アップデートできるようにして、Windowsのように自動アップデートする/しないの選択ができると便利です。 (実現予想ゼロ)